基礎工事第1回目コンクリート打ち

どうもこんにちは。本日は、ベタ基礎の土間部分のコンクリート打ちを行いました。

基礎工事でのコンクリート打ちは2回となります。まず最初に、土間部分(下の部分)をつくり、コンクリートが固まったのちに、上の立ち上がり壁(土台がのる部分)をつくります。

一つ一つしっかりとつくっていくことでより強固な基礎をつくります。

 

コンクリートはどうやって打つのかな?

 

コンクリートは、ミキサー車で生コン制作工場から運んできます。ミキサー車から直接コンクリートポンプ車へ投入します。

そして、このコンクリートポンプ車から(消防のポンプ車のように水を出すような)コンクリートを出していくのです。

 

だから、半日もあればコンクリート打ちは終わるのです。

 

しかし、昔はそんな便利な車はなかったのですよ。

セメントの袋をかついで、大きなバケツに入れて、そこに砂利と水をいれて、まぜまぜし、それを投入していたのです。とても大変な作業です。

 

今はとてもいい時代になりました。

 

明日からは、立ち上がり壁をつくるため、型枠(木の枠)をしっかりと建て込んでいきます。

型枠を建て込むのとアンカーボルト(土台と基礎をつなぐ金物)をセットするのと立ち上がり壁型枠もとても大変な作業です。

また、ブログにて紹介します。