飛騨市河合町にある薬師堂の土台改修工事

土台を改修するために薬師堂を揚げました

歴史ある河合町の薬師堂ですが、土台が傷んでいるので土台および束を取り替える工事を行いました。当然、そのまま取り替えるわけにはいきませんので、ジャッキで建物を揚げ、枕木を入れながら徐々に上げていきました。

建物が壊れないように、しっかりと固め、じっくりと水平を保ちながら上げていくのですが、まさに職人技です。最終的に地面から1.5m上まであげました。

おかげさまで、その後の工事もはかどり、しっかりと土台を取り替えることができました。

上げるために、桂の梁で既存の柱をハサミあげております。

束石の下を掘り、砕石とコンクリートを入れ地盤を強化しました。これで沈むことはありません。掘る時に、木の根がそこらじゅうに張り巡らせており大変でした。

束石のサイズに合わせて土台を削ております。大変でした。